<< かわなべ森の芸術祭便りvol.... かわなべ森の芸術祭便りvol.... >>

かわなべ森の芸術祭便りvol.6  文化ボランティア研修3!

a0109924_10373019.jpg3回目の研修は、さまざまな障害のある方々のことを勉強します。

「触れる造形展」には、これまでも本当にたくさんの障害のある方々にご来場いただき、芸術鑑賞を楽しんでいただきました。


「展覧会に来たのは初めてだよーー!」と、思いっきり美術作品に触れながら、うれしそうに話される声を聞く度に、やってよかったぁーー!と思います。

a0109924_10385979.jpgでも、案内をする側とすれば、やっぱりいろんな不安を感じるのも事実。
怪我をさせてしまったらどうしよう。どうして欲しいのかわからない。などなど。


a0109924_10413462.jpgでも、みなさん、一番の不安は、「どう声をかければいいんだろう」のようですね。


a0109924_1040255.jpg答えは、簡単。
障害をお持ちでもそうでなくても、みんな一緒と感じることができるのが「アート」。
声かけも、障害をお持ちだからと言って、特別なことなんてないのです。


障害は特別なのではないのです。みんなそれぞれ性格が違うのと同じようなものなのです。

a0109924_1042829.jpgそう!この研修では、「不安にならずに案内できるためには、まず本当のことを知ること。」が目標。
私たちの方がつい持ってしまいがちな「心のバリア」を取ることが目的なのです。


a0109924_10423786.jpg「アート」は、いつも、ずっと、「バリアフリー」です。

[PR]
by NPO-PandA | 2008-10-26 19:36 | 主催・共催事業のご案内
<< かわなべ森の芸術祭便りvol.... かわなべ森の芸術祭便りvol.... >>