<   2007年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

さが ゆき という人

このところ何もかもうまくいかなくて、
大きな仕事が近く迫っているというのに、
何もかもうまくいかなくて、
そして、今日はそれの最もひどかった日。

「ここまで何もかもうまくいかないと、なんだか笑っちゃうよね」

と夫につぶやいたほど。

普段ならこんな日はどこにも行かない、何もしないと、決めるのだけど、
前から行くことにしていた「パリャーソ・withフレンズ in 南九州2007」に行ってきた。

さが ゆき という人に初めて会った。その人のうたう歌も初めて(おそらく)聴いた。
人間の身体から出てくる声が、音が、歌が、こんなに感動的だとは知らなかった。
声帯を空気が通るだけなのに、音になる瞬間に神が宿るのか・・・。

その感動を知り尽くしている人が さが ゆき という人だと思った。
声が、音が、歌が、自分の中から流れ出てくることが本当に、
うれしそうだった
たのしそうだった

そして、

かわいかった
きれいだった
かがやいていた



終わってから少し話をすることができて、ここに来て救われたと告げたら、
「すべては・・・OKだよ!」
とCDにサインとともに書いてくれていた。


いろいろあっても、自分で乗り越えなくてはいけない「孤独と戦う日々」だけど、
たくさんの人やつながりに支えられていることを感じた夜だった。
いつも”文化芸術を支援します”と言っているけど
文化芸術に一番支えられているのは、私自身だと思った。
[PR]
by NPO-PandA | 2007-11-29 23:12 | 今日のPandA

オザケン と 森の学校

a0109924_23382937.jpg日本のおばさんも、
いや、鹿児島のおばさんもスゴイよって、
オザケンに教えてあげようね!って、

a0109924_23404683.jpgこの上なくおいしい羽釜ごはんとみそ汁を作ってもらって、

a0109924_2341531.jpg映画「おばさんたちが案内する未来の世界」を見たあとに、
”鹿児島のごはん一品持ち寄り座談会”も企画した今回の上映会。


このお話が私の所にきた時に、その内容からすぐ
「森の学校でやったらいいかもなぁ。。」
と思って、東京の事務所にその旨小沢健二さんに伝えてもらったら
私が思っていた以上に気に入ってくれて、
なんと上映会の4日前からOFFを兼ねて滞在していたのです、実は。。

a0109924_23563456.jpg映画の内容は・・・まだまだ九州公演が続いているから内緒♪
でも、今、私たちや私たちの周りで、やろうよ、やっていかなきゃねって動き始めていることそのままだったように思う。
これでいいんだよねっていうか、みんなそう思ってるんだね、やっぱり、って感じ。

みんな一緒にごはんを食べて話をする、このことが最も大事。
と映画の中のおばさんも言っていた。
かわなべ森の学校での上映会も座談会も、出来すぎなほど素敵だったって、オザケンもエリザベスコールさんも、そして、道に迷いながらも来てくれたたくさんの人たちも言ってくれた。
一番のうれしい言葉。

かわなべ森の学校に、未来の世界を見た気がした心地よい日でした。
a0109924_07173.jpg

[PR]
by NPO-PandA | 2007-11-25 23:17 | 主催・共催事業のご案内

豊かな社会とは何か?

a0109924_13375882.jpg11月23日に、アイメイト給付20周年記念として
めざせバリアのない社会 ~アイメイト(盲導犬)使用者からのバリアフリーへの提案~
という講演会とパネルディスカッションが行われます。

鹿児島県でアイメイト(盲導犬)の給付がはじまって20年なんですね。
まだそんなもんなんだぁって感じですね。。だって、20年前って、私が○○歳の頃(汗)。
それまでってどうしてたのかしら、目の不自由な方々。。

その間、社会では様々な施設のバリアフリー化が進み、身体障害者補助犬法も施行されたのはみなさんもよくご存じかと。
しかし、実際に目の不自由なみなさんは・・・。

本当のバリアフリーとは何か?豊かな社会とは何か?それぞれの立場から考えてみませんか?という今回のイベント。

来月、PandAが行う「触れる造形展」は、小さい子どもからおじいちゃんおばあちゃん、言葉がわからない外国人、身体に障害のある方々、誰でも美術作品に触れて楽しむことができる展覧会。それは、芸術を楽しむのに、言葉も何もいらないから。
そして、普段、芸術鑑賞の場から排除されがちな、目の不自由な方々も芸術鑑賞を楽しむことができるわけです。

そういう活動していることから、今回、パネルディスカッション「誰もが安心して暮らせる豊かな社会をめざして」のパネラーとして参加することになりました。

アートは、いつも、ずっと、バリアフリーですよーー!ってお話してきたいと思っています♪
[PR]
by NPO-PandA | 2007-11-16 13:00 | 後援事業のご案内

これでみんなアーティストだね!

a0109924_1225956.jpg第6回目となる文化ボランティア養成研修は、おまちかね(?)のワークショップ。

a0109924_1226038.jpg出展作家のヤマグチアキコとのコラボレーション作品を研修生みんなで作ります。

a0109924_12262761.jpga0109924_12264543.jpg
a0109924_1229270.jpg男性陣、なにやら苦労している様子。でも、熱心だし、なかなか様になってますね!

a0109924_12293814.jpga0109924_12295931.jpg
a0109924_1231164.jpga0109924_12313493.jpg
a0109924_12315567.jpga0109924_1232138.jpg

同じ型紙だけど、なんだか個性が出ます。
実は、そこもねらい。美術は、設計図も何もない、それぞれの未知なる形を作っていい世界だと知って欲しいと思ったのです。
今回のワークショップは、ただ展覧会を作っていく側になるだけじゃなくて、あくまで展覧会の主役である作家になって作品を作ってみるという滅多にないことも体験して欲しくて企画しました。
とにかく、研修生のみなさんには、この研修を通して、展覧会のサポートということだけではなくて、アートのありとあらゆる世界を楽しんでもらって、アートの持つさまざまな魅力やパワーを知って欲しいと思っています。そして、
「こういうことって、生きていく上において実は大事なことかもね」
って思ってもらえたらうれしいなぁと思っています。
そして、もっとうれしいなぁと思うことは、その気持ちをそれぞれが自分の言葉で伝えていってくれることです。
そしたら、世の中、きっと楽しくなるよなぁ。。♪
[PR]
by NPO-PandA | 2007-11-14 12:09 | 文化ボランティア養成研修

課外補習 日比野克彦ワークショップで盛り上がるの巻

a0109924_11294999.jpg研修生がボランティアスタッフにたくさん参加してくれて、急遽、文化ボランティア養成研修の課外補習になった今回の日比野克彦ワークショップ。a0109924_11362294.jpg

盛り上がりました。かなり。
a0109924_11324971.jpga0109924_11405479.jpg
a0109924_11431830.jpga0109924_11433945.jpg
a0109924_11445533.jpga0109924_11592846.jpg
a0109924_1146471.jpga0109924_1147888.jpg
a0109924_11474471.jpga0109924_1148261.jpg
a0109924_11482283.jpgやっと熱気球ができた時はもう真っ暗。ドルフィンポートに移動の前に「やったー!完成したぞーーー!」の一枚

a0109924_11494125.jpga0109924_115055.jpg
a0109924_11503925.jpga0109924_1151417.jpg
a0109924_11514420.jpga0109924_11515880.jpg
a0109924_11522448.jpg目的の熱気球も「こんなにうまくいくとは思わなかったなぁ。。」と日比野さん自身がつぶやくほど完璧に上がりました。

「とても楽しかった」と研修生のみんなも満足な様子。
研修生は本当に熱心で積極的で、私、とてもうれしいです。
「触れる造形展2007」に向けて、いやでもワクワクしてしまう私です。
[PR]
by NPO-PandA | 2007-11-10 11:21 | 文化ボランティア養成研修

着古したTシャツ、募集!募集№1113

次回の第6回ボランティア養成研修は、
ヤマグチアキコさんによるワークショップ「布(ヌノ)→作品(ヌノ)」です。

ワークショップでは、展覧会に実際に展示される作品を、
ヤマグチアキコさんと文化ボランティアのみなさんのコラボレーション作品として
作っていきます。

「ヤマグチアキコ+アートサポーター(仮称)」として
文化ボランティアのみなさんも出展作家としても参加するわけです。
こういう経験は、文化ボランティアのみなさんの中には初めての方もいらっしゃるのでは??
アートのさまざまな関わり方、楽しみ方を大いに経験して、新しい自分や毎日のあり方を発見してくださいね!

PandAでは、その作品作りで利用する「着古したTシャツ」を募集しています。
白か生成りが望ましいですが、色物でもOKです。
送っていただけたらとてもうれしいですが、ご連絡いただけたら取りに伺うなど対処いたします。
まずは、ご一報を!
お待ちしております(^-^)/
[PR]
by NPO-PandA | 2007-11-08 22:43 | 募集してます!

生まれて初めて・・・

おはら祭りの踊り連で踊ることに。。
赤いおこしに、つげ笠の、本格派定番スタイル。
やっぱり、「文化芸術活動を支援します!」と謳っている以上、
たのまれたら出ないわけにはいかないものなぁ。。

また、日焼けするなぁとか、しんどそうだなぁとか思っていたけど、
今夜、祭り前夜、
なんとなく浮き足立ってる夕刻の天文館に、
なんとなく「ワクっ♪」(←ワクワクまではしない感じ)
としたワタシでした。

今夜は寒いから、明日はお天気ね!
「踊らな、ソン!ソン!」
あ、これは違うやつか。。。
[PR]
by NPO-PandA | 2007-11-02 23:24 | 今日のPandA

日比野克彦が研修講師!?

明日、テンパークとドルフィンポートにて、
美術家の日比野克彦さんによる紙の気球を作って飛ばすワークショップ
「日々の旅に出る。空へ・・・」
が行われる。

鹿児島青年会議所の要請で、急遽、お手伝いすることに。
ご相談をうけたのが10/29。折しも、翌日は、文化ボランティア養成研修の日。
しかも、「アーツ・マネジメント」の講座で、
企画や展覧会を作り上げていくウラガワをいろいろと見てもらう内容。
研修後に、参加者を募ったら約半分以上が手を挙げてくれた。。ありがとうございます!

それで、こちらも急遽、「課外補習」扱いにすることに。みんな、はりきってる。。
だって、日比野さんが研修講師をしてくださる(むこうは全然知らないのですが・・・)なんてことはもちろん、一緒にワークショップを作っていくこともそう滅多にはないことだし。。
a0109924_2395825.jpgわたしも、1999年の鹿児島デザイン会議の時のバスツアー・ワークショップ以来。。
懐かしいなぁ。。この頃はまだ独身だったなぁ。。

明日、11/3は、鹿児島市最大のお祭り「おはら祭り」も行われる。お祭りの後に大量に出るゴミを拾いながら、ドルフィンポートに移動して、午後7時に気球を打上げる。

市民参加型のアートと環境を結ぶインスタレーションとして行われる今回のイベント。
地上で見ることが出来る今世紀最大の皆既日食が起こる、2009年7月22日にむけた一連事業の事実上キックオフイベント。
We Love 天文館協議会や環境系NPOグリーンバードも協力している。
今後、PandAも協力していくことになりそうである。

実行委員会では、明日の参加者を募っている。
明日午後2時40分に、テンパークに直接集合とのこと。
奮ってご参加ください!楽しそうですよ。。気球、直径5メートルですって!
[PR]
by NPO-PandA | 2007-11-02 23:15 | 文化ボランティア養成研修