<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

かわなべ森の芸術祭便りvol.15 みなさん、ありがとう!

今回の「触れる」ArtsProject2008~かわなべ森の芸術祭~は、
ほんとうに多くの人たちに支えられています。

直接、企画や運営に関わってくださっている人以外にも、この芸術祭を盛り上げるためにさまざまな形での協力があって、今があります。

その中でも、この芸術祭の思いや魅力、そのウラ側までも、正確に、そしておもしろく伝え、少しでも多くの人に楽しんでいただこうと協力してくださっているのが、さまざまなマスコミの方々です。

マスコミのみなさん、連日の打合せや遠く現地までの取材など、本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、主催者だけでは伝えきれない方々にまで、この芸術祭のことをお伝えすることができます。
みなさんのご協力に恥じぬよう、会場に来られた方が「来てよかった!」と思っていただけるよう、最善を尽くしたいと思います。

ありがとうございます。

***************
ご協力各位(※順不同、敬称略)

ご協力いただいている方々は、ほかにもたくさんいらっしゃいます。すべてのみなさまをお知らせできないことを深くお詫びいたします。
みなさま、ありがとうございます!

■MBC南日本放送株式会社
▼告知(テレビ・ラジオ)

■KTS鹿児島テレビ放送株式会社
▼ニュース・告知
▼つぼチャンネル

■南日本新聞社

■西日本新聞社

■渕上印刷株式会社
ポティカトップページ
勝手に調査隊

■南日本リビング新聞社
▼リビングかごしま

■株式会社ESKコレット編集部
▼colette コレット

■三州出版
▼フェスタ

■ポス鹿児島
▼ポス

■濱島印刷株式会社
▼Crecer クレセール

ほか
[PR]
by NPO-PandA | 2008-11-11 19:58 | 主催・共催事業のご案内

かわなべ森の芸術祭便りvol.14 かわなべ森の学校現地研修!

a0109924_913415.jpg文化ボランティア研修4回目。いよいよ、現地「かわなべ森の学校」での研修です。
はじめて、森の学校を訪れた人がほとんど。
「わぁ・・・」という声からはじまりました。

a0109924_9151982.jpg資料に見入るボランティアさん、「うわぁ~、これ全部案内するの??」って思ってるのかも。。(汗)

a0109924_9174124.jpgまず、森の学校をはじめて訪れた人と、一度でも来たことのある人に分かれてもらって、はじめての人は学校全体の案内を兼ねて会場説明をしていきます。

a0109924_9191391.jpg学校自体が20年前に廃校になり、歴史的にも伝えたいことがいっぱい。早口でしゃべる私の言葉をみんな必至でメモってます。エライ!!

a0109924_9204176.jpg23日に、ここ、かわなべ森の学校でコラボレーションすることになっている企画「自転車マッププロジェクト」で必要になる自転車置き場。
実は、これ、今回の企画に合わせて、やぶに埋もれていた学校当時の自転車置き場を先日の草刈りの日に発掘したんです。20年ぶりに復活??
結構、広くて、しっかりした屋根付き。何もかも苔むした景色でひっそりと自転車が来るのを待っています。

a0109924_9355842.jpgもうひとつのチーム、一度でも学校に来たことのある人たちは、障害のある方々の案内方法現地研修です。室内研修の時のようにはスムーズに車いすが動いてくれないようですよ。

a0109924_9374395.jpg作品を置く場所をシミュレーションで説明しています。案内トークのコツは、イメージ作り。森の学校のアイドル、二宮金次郎さんにも手伝ってもらうことになりそうです。

a0109924_9401680.jpg設置の日の作業の流れと作品が設置された時のイメージが描けるように説明していきます。

a0109924_109192.jpg見たことの作品の説明を無理にするより、ここの雰囲気がどういう風になるか、どういう風にしたら作品を活かしお客様に喜んでいただけるかなど、運営する側として想像していただこうとしています。

a0109924_1094473.jpg障害のある方々にも使いやすいトイレも完備していますが、果たしてそこに行くまではどうなんでしょう、と検証中です。
目の不自由な方にトイレの詳細を説明する方法も学びます。

a0109924_10124856.jpgバリアだらけの古い木造校舎へのスロープも今回地元のリフォーム屋さんに作っていただきました。それでも傾斜が思うよりあってみんな恐がってます。

a0109924_10143250.jpg

a0109924_1015369.jpg大きな作品は、車いすの方を作品の正面にご案内しても手が届きません。横付けして、触れていただけるように案内します。

a0109924_10245015.jpga0109924_1025327.jpg
今回、団体予約も入っていて、多くの来場者が予想されているのが目の不自由な方々。何を不安に感じ、どう案内してもらったら、安心して楽しめるかを検証します。目の不自由な方々だけでなく、高齢者のみなさんのご案内にも役立ちそうですね。

a0109924_10305080.jpgひとあし先に作家の作品レクチャーが始まりました。この作品、本当は屋外展示の作品。公開制作中というわけです。前の日から泊まり込みで制作されていました。

a0109924_10321231.jpgやっぱり作品を観れば、みんな目がきらきらしてきますね。そう、初めて見る時は、お客様気分です。
でも、この「わぁー、すご~い・・・」という感覚がご案内には必要なんです!

a0109924_10354331.jpgこの感覚を自分なりの言葉でお話しすれば、お客様に共感してもらえる案内ができます。ともに、喜びを分かち合う!みたいな感じで。。

a0109924_10361491.jpg気づけば外は薄暗くなって、あっという間に終了予定時刻。
でも、検討会は続きます。検証結果をコース選定や案内トークの中に活かしていくのです。
おかげさまで、誰でも楽しめる、全天候型の案内順路が決定!
でも、まだまだ検討しなければいけないこともいっぱい・・・。

開催はもう、すぐ目の前です!



■「触れる」Arts Project 2008 ~かわなべ森の芸術祭~の詳しい内容は、こちら
[PR]
by NPO-PandA | 2008-11-10 08:52 | 主催・共催事業のご案内

かわなべ森の芸術祭便りvol.13 芸術祭オリジナルTシャツ!

a0109924_18484681.jpg

「触れる」ArtsProject2008~かわなべ森の芸術祭~
のオリジナルTシャツが出来ました!

年齢、性別を問わず、楽しんでいただけそうなこのTシャツ、デザインは大寺聡さん。
「森」という字を「触れる造形展」のイメージとアレンジしたそうです。

芸術祭イメージデザイン全般も大寺さん。
こんな風にしたいという私のイメージを見事にデザインしてくださいました。
ありがとうございます!

会期中、芸術祭会場の「芸術祭ミュージアムショップ PANDA」で発売いたします。
どうぞお楽しみに・・・!

■「触れる」Arts Project 2008 ~かわなべ森の芸術祭~の詳しい内容は、こちら
[PR]
by NPO-PandA | 2008-11-05 19:26 | 主催・共催事業のご案内

かわなべ森の芸術祭便りvol.12 オペラはゲネプロ!

昨日、プロジェクト138メンバーがフラッグ制作にラストスパートをかけている頃、川辺では、雨の中、オペラのゲネプロが行われました。

a0109924_17251190.jpgおはら祭前夜祭明けのMBCサンステージさん、みなさん、3~4時間の睡眠で臨んでいただいてます。


a0109924_17283162.jpgゲネプロとは大道具、小道具、衣装からすべて本番と同じようにやるリハーサルのこと。

a0109924_17301920.jpg大道具制作担当の地元の東さん。奥様も一緒に大道具のブランコを設置。
そのほか、東さんには、お菓子の家やヘンゼルが入れられる魔女の檻、丸太や大鍋など、さまざまなものを制作、準備していただきました。

a0109924_1732399.jpg照明の数も半端じゃないんですね!オペラって。演劇はすべてそうなのかもしれないですね。
また、今回は野外オペラなので舞台も広い広い。照明さん、大変です。

a0109924_173450100.jpg出演者のマイクは、ヘッドマイク。顔に貼り付けての装着です。

a0109924_1738934.jpgヘンゼルとグレーテル・・・ではなくて、ヘンゼルとグレーテルのお父さんとお母さんです。いい感じ♪

a0109924_17394950.jpg砂の精と、露の精です。どんな役なんでしょう。。

a0109924_17451831.jpgオペラの曲はほとんどが生演奏。さまざまな鳥の声もピアノに合わせて生音で入れていきます。

a0109924_17471683.jpg束の間の休憩の時も打合せが続きます。気づけば、12時間リハーサル!!

a0109924_17484049.jpg周りの森や木や家を利用するだけではなく、「時間」も演出に利用する今回の野外オペラ。

物語と同じ、暮れゆく夕刻に森へ入っていくヘンゼルとグレーテルなど、この素晴らしい環境と大自然の織りなす時間の経過の美しさとのコラボレーション。

鹿児島ではとてもめずらしい野外オペラをぜひ味わってみて下さい。



■「触れる」Arts Project 2008 ~かわなべ森の芸術祭~の詳しい内容は、こちら
[PR]
by NPO-PandA | 2008-11-04 21:38 | 主催・共催事業のご案内

かわなべ森の芸術祭便りvol.11 プロジェクト138 制作終了!

制作最終日。

プロジェクト138だから、138本のサインフラッグを作る。

a0109924_1621420.jpgでも、実際の作業は、こういうフラッグだから、その倍の276枚ものフラッグを縫うわけで、


a0109924_16215740.jpgそれも、端折り縫いが3カ所、折り返しやつなぎ合わせなど、ひとつに対して縫う箇所いっぱい。


本当に大変だったと思う。

a0109924_16235376.jpg計5日間で仕上げたプロジェクトの大半にあたる制作

a0109924_16253128.jpgミシンを2台持ってきてくれるメンバーや助っ人を連れてきてくれるメンバー


a0109924_16263131.jpg計画より時間延長して1日中制作に励むメンバー

a0109924_16285861.jpg男性も悪戦苦闘しながらもミシンにひたすら向かう

a0109924_1630388.jpgそして、完成。

メンバーのみなさん、
プロジェクトリーダーのPさん、Mさん、本当にごくろうさまでした。

そして、ありがとう!

あーー、これがかわなべの森に立ったら、泣いちゃうなーー、きっと。。

あ、だめだ、もう泣けてきた・・・



■「触れる」Arts Project 2008 ~かわなべ森の芸術祭~の詳しい内容は、こちら
[PR]
by NPO-PandA | 2008-11-03 21:19 | 主催・共催事業のご案内

かわなべ森の芸術祭便りvol.10  プロジェクト138に異変!

プロジェクト138も4日目の今日、プロジェクトに異変が・・・!

a0109924_1452925.jpgこの美しいというか、不思議なショットは、もちろんミシンがけにいそしむプロジェクトの様子。

強力な助っ人、お洋服のデザイン・製作のプロの方々です。

ありがたい・・・。

思わず、みとれてしまうほど、軽やかなミシンと美しい出来上がりに、メンバー一同、感嘆の声。
Mさん、Kさん、ありがとうございました!

その時の状況をメンバーが詳しく書いているブログからちょっと失敬。

***
芸術的な道しるべ・・(@_@)

ミシンを使うなんて、高校の家庭科以来です。

プロジェクト138のサインフラッグ作り。
自分のミシンなんて実家に置きっぱなし・・・なので
友人のものを借りて、いざ作業場と化したボランティアセンターに殴りこみ。


・・・のわりには、

「え~っと、下糸はどうやっていれるんだっけ・・・」

「糸通しの使い方わかんない・・・」

「ぎゃ~!」

「やべっ!」

「ほぇ~!」

などの声にならない悲鳴の後には・・・

「まっ、いっか・・・^^;」

「芸術祭だし・・芸術的だって事で・・(-_-;)」

わけのわからない納得をしながら、ミシンと格闘した3日間。


し・しかしですね!

二日目になんとも美しく強力な助っ人の登場!!

お裁縫のプロ登場!

手前のキレイなお姉さんは、mipoさん。

向こう側のイケメン君は、お洋服のデザイン・製作のプロです。


私たち素人集団の

カタ・ガタ・・・

というミシン音を尻目に

「ダダダダ・・・・」

とリズミカルでスピーディーなミシン音とともにできあがった作品の
それはそれは美しい事☆彡

いや!美しいのは作品だけではありません!!
ミシンを前にした二人の姿は、どこかのアトリエのようでございましたぴかぴか(新しい)

そのおかげで2日目はなんとかフラッグ作りもはかどり。。

3日目はいつもの作業場に逆戻りでしたが、
それぞれがんばって、なんとか目鼻がつくところまできたのでございます(^ー^;A


そんなサインフラッグは、11/15~24まで
「かわなべ森の芸術祭」が開催される、山奥の川辺森の学校までの
道しるべとなってくれる事になっています。

わけのわからない芸術的なフラッグが目に付いた時にも
どうぞ温かい目で見てやって下さいまし(^^ゞ


***

おかげさまで、急ピッチに進んだものの、制作終了予定の明日までに終わるのか・・・。

みんな、がんばろうねーーー!
[PR]
by NPO-PandA | 2008-11-02 23:01 | 主催・共催事業のご案内